多くの人にとって仕事は人生で重要な位置を占めていることだろう。これは中国でも変わらないが、仕事の「環境」は日本と中国とでは異なるようだ。中国の動画サイト西瓜視頻はこのほど、日本と中国の仕事環境の違いを紹介する動画を配信した。

 配信者は日本で働く中国人男性で、中国でも仕事をした経験があり、日本ではすでに2年以上働いているという。日中両国での仕事経験を通して自身が感じた仕事環境の違いを語った。

 配信者が挙げた1つ目の違いは「年功序列と終身雇用」だ。配信者は、「すべての会社ではないが日本は多くの会社が年功序列と終身雇用だ」と伝えた。実際には、終身雇用を採用している企業は減少していると言われるが、日本ではまだ約半数の企業が終身雇用を維持しているとも言われており、配信者の勤める会社でもそうなのだろう。中国の会社で終身雇用という考えは基本的に存在しないので、これが大きな違いだと指摘した。

 もう1つは「労働組合の力が強いこと」だ。このため、労働者の権益が守られており、給料の支払い遅れなどは基本的に発生しないと紹介した。配信者も、毎月の給与が必ず支給日に振り込まれており、「振り込みが早くなることはあっても、遅れたことは1度もない」と感心している。

 中国にも「工会」という労働組合があるが、日本とはその構造が大きく異なっていて企業から独立しておらず、お世辞にも労働者の権益を守っているとは言い難い。このため、給料の未払いなどの問題が頻発し、劣悪な労働条件を強いられる人も少なくない。労働環境という面で日本は恵まれていると言えそうだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)