中国のポータルサイト・網易に4日、「日本人はどうして折りたたみ傘より長い傘を用いるのか」とし、日本人の性格について紹介する記事が掲載された。
 
 記事は「日本に行ったことのある人なら知っているかもしれないが、日本人は特に長傘を愛用している」とし、日本の街では雨が本降りの日に折りたたみ傘を差す人はとても少ないと紹介。「折りたたみ傘はコンパクトで携帯性が高く、とても便利なのにどうして折りたたみ傘を常用しないのか」と疑問を示した上で、日本への留学経験を持つある友人が、日本人が折りたたみ傘を常用しないのは「性格的な理由があるのだ」と説明したことを伝えた。
 
 そして「われわれの印象の中の日本人は、見知らぬ人に対しても恭しく扱うが、現実でもそのようだ」として、友人が日本人が雨の日に折りたたみ傘を積極的に利用しない理由として「傘についた水滴が滴り落ちることで、電車の中やその他混雑した空間で傘が他人に当たって他人の服を濡らしてしまう可能性があるからだ」と語ったことを紹介している。
 
 一方で、長い雨傘を使用すれば傘の水は直接地面や床に流れるために、他人の身体に触れる可能性が低くなると説明。「日本のドラマなどでは他人の衣服を濡らしてしまった時にしきりに謝るシーンを見かける」が、実際にこのようなことが起こらないように本降りの雨の日には長い傘を使うっように心がけているのだとの考えを示した。

 もちろん日本では折りたたみ傘も非常に普及しており、特に雨が降るか分からない日には「お守り」として大いに役立つ。一方で携帯性を高めるがゆえに傘の直径がどうしても小さくなり、強度も長傘より幾分劣ることになる。本降りの日に折りたたみ傘ではなく最初から長傘を持って出かけるのは、そのような理由からではないだろうか。
 
 ただ、電車の中などで他人の濡れた雨傘が付着するのは確かに非常に不快だ。折りたたみか長傘かはさておき、他人に水滴がつかないように持ち方や持ち場所に気を使う日本人が多い、ということは間違いではないだろう。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)