マザーマシンとも呼ばれる工作機械は、機械を造るための機械であり、製造現場の根本を支える重要な分野だ。中国は近年、工作機械の分野で大きな存在感を見せているが、それでも日本などと比べるとまだまだ遅れていると言える。中国メディアの騰訊はこのほど、中国の工作機械分野が遅れている理由について分析する記事を掲載した。

 記事は、中国の工作機械業界は「規模こそ大きいが、競争力としてはさほどではない」のが現状だと分析した。工作機械の生産高で中国は世界一だが、その多くが加工の難度が低いローエンドの工作機械で、この現状は短期間では変えることができないとしている。

 現在の工作機械は、コンピューター数値制御の工作機械が主流だが、中国はこの分野で後れを取っており、日本をはじめとする海外メーカーに追いつくことができていないと記事は指摘した。中国の工作機械メーカーも、研究開発に取り組んではいるものの、中国国内では海外メーカーの攻勢に立ち向かうのが難しいという。

 この理由について記事は、中国が自主開発できない工作機械があると、海外メーカーは高額で売りつけ、自主開発できるようになると低価格で販売するようになるので、中国の工作機械メーカーはローエンドからなかなか脱却できず、成長できないと説明した。中国国内では海外メーカーへの信頼が厚いので、特にハイエンドの工作機械については購入に際して中国メーカーは選択肢に入らず、市場を開拓できないという。

 記事では、中国の工作機械メーカーがハイエンド分野で成長できないことを海外メーカーのせいにしているようだが、質が高い信頼性のある工作機械を作ることができれば自然とシェアを獲得できるはずだ。中国では海外メーカーを信頼する企業が多いということは、中国メーカーはまだ信頼性に欠け精度で劣るということであり、人のせいにしているようでは海外メーカーには当分追いつけないのではないだろうか。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)