日本人女性と中国人女性の「夫への接し方」には大きな違いがあるようだ。中国の動画サイト・西瓜視頻はこのほど、日本で暮らす中国人女性による動画を配信し、日本人女性と中国人女性がそれぞれどのように夫に接するかについて説明した。

 この中国人配信者は、日本人に中国語を教える仕事に従事している関係で、これまで数多くの日本人と知り合う機会があったと紹介している。また日本人の夫婦を同時に教える機会も多々あったそうだ。こうした機会を通して、日本人女性が「人前」でどのように夫に接するかを直接知ることができたと伝えている。

 続けて、日本人女性は「人前で夫を悪く言わない」とし、これが日本人女性の夫に対する接し方であり、自分も見倣いたいと強く感じた点だと説明している。一方で、日本人女性とは対照的に中国人女性は「気が強すぎる」と指摘し、中国人女性は夫がいるのに人前で自分の夫を罵ることもあると論じた。

 日本人女性は夫の愚痴をいうことはあっても、夫がいるのに人前で自分の夫を罵るようなことはあまりしないだろう。配信者の女性は「日本人女性の夫に対する接し方は夫を幸せな気持ちにし、夫婦関係も良くするに違いない」と強調。日本には「男を立てる」という言葉があるが、日本人女性は人前で「夫を立てている」と論じた。

 一方、中国には「女性が男を立てる」という考え方はなく、こうした文化の違いが、日本人女性と中国人女性の「夫に対する接し方」の違いを生んでいると分析。配信者は、このたびの動画は特に中国人女性に見てほしく、日本人女性から学んでほしいと伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)