コロナ禍による巣ごもりで「缶詰」が見直されるようになったが、缶詰が開発されたきっかけは、フランスのナポレオン・ボナパルトがかつて質の高い戦闘糧食を求めたことにあるようだ。

 日本でも戦時中は缶詰が軍用食に採用されていたが、中国メディアの快資訊は7月30日、旧日本軍の缶詰は「当時の日本の強さを物語っている」」と紹介する記事を掲載した。

 記事はまず、中国人の間では今でも・・・・

続きを読む