日本のサービスの質は非常に高いと言われているが、高速道路の「サービスエリア(SA)」はその名に違わず、車で移動中の人びとに質の高いサービスを提供している。中国にも「服務区」と呼ばれるSAはあるのだが、「質の高さ」とは程遠いのが現状だ。中国メディアの網易はこのほど、「日本のSAは中国と全然違う」と紹介する記事を掲載した。

 記事はまず、日本のSAについて「それほど広くはないが、設備が整っていて、車いす利用者の専用通路まである」と紹介している。各SAで地域の特色を生かした特産品が適正価格で販売されていて、店員の態度が良く、凝った内装や清潔さなど魅力が満載だと伝えた。

 では中国ではどうだろうか。記事は「優れているのは広さだけで、売っているものはどれも高く、普通のカップ麺が外の何倍もする」と紹介した。食堂もあるがやはり高く、美味しいわけでもないので「SAに着いても、あまり食欲が出ない」そうだ。食べることは旅行の醍醐味なのに、残念な話だ。土産物も売っているが、後で値段をネットで確認すると「騙された」と思ってしまうのだという。

 また、衛生面でも日本のSAとはかなりの違いがあり、特にトイレが汚いと愚痴をこぼしている。それなのに、トイレが有料のところがあったり、カップラーメンに使うお湯まで料金を取る店もあったりと、お金を取ることばかり考えていると指摘した。

 SAで気持ちよく過ごすことができれば、車での旅行はずっと楽しいものになるだろう。記事の中国人筆者は、日本のSAは「よそから来る客の感じ方を重視し、最高のサービスを提供することを前提にしている」と、中国との違いを分析している。SAを利用するのは基本的に「その土地以外の人」ばかりなので当然だが、中国には、地元の人には優しく、外部の人には冷たいという傾向がある。「別の土地から来た人」からぼったくるのが普通の中国で、SAの質が向上しないのは当然とも言えるが、観光業を発展させたいなら「サービス」の本質を日本から学んだほうが良さそうだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)