「一村一品運動」は各市町村がそれぞれ特産品を作り出し、売り出していこうという運動であり、大分県で始まった運動だが、今では日本のみならず、海外でもこの政策が展開されている。中国メディアの捜狐はこのほど、中国も日本の「一村一品運動」から学べることがあるとし、考察する記事を掲載した。

 記事は「一村一品運動」について、地域ごとに特産物を開発すると同時にブランド化や知的財産権の保護、経営戦略など・・・・

続きを読む