日本経営管理教育協会が見る中国 第681回 ――宮本邦夫

 去る7月1日、習近平総書記は北京人民広場で催された中国共産党創立100周年記念式典の演説で、共産党によって「小康社会」が実現されたこと、更に「強国」を目指していくことを力説した。これに逆らうようなニュースが伝えられた。それは青年層の間で“寝そべり族”なるものが出現したということである。“寝そべり族”とは何者か、出現の背景などについ・・・・

続きを読む