日本と中国では食文化が大きく異なり、好まれる香料や香味野菜には大きな違いがあると言えるだろう。中国メディアの百家号はこのほど、中国ではほとんど「雑草」として扱われている植物が、日本では香味野菜として大人気だと驚きを示す記事を掲載した。

 記事が紹介したのは「シソ」だ。日本ではポピュラーな香味野菜で、刺身や焼肉を食べる時にも付け合わせると伝えた。生臭さを取る作用があり、食材がより柔らかくなるので、食材を包んで一緒に食べることが多いと紹介しているが、実際にはシソの食べ方はもっと豊富で多岐にわたると言えるだろう。

 記事では、シソの栄養価は高く、中国には昔、カニを食べ過ぎた人がシソを食べたところ回復したという話があることも紹介した。シソは漢字で「紫蘇」と書くが、このカニの食べ過ぎに関するエピソードが命名の由来と言われている。中国では生産量が非常に多く、日本にも輸出しているが、雑草扱いされて食べる人は多くないと強調した。

 ほかにも、シソには寒気を取り除き、消化を助け、食欲を増進するなどの作用もあると紹介し、特に夏の時期にシソを食べるなら健康を増進すると薦めている。しかし、その独特の香りゆえに受け入れられない中国人が多いのも事実だと指摘した。

 記事では触れていないが、ミョウガも日本ではよく食べられているが、中国ではあまり使われない薬味の1つだ。逆に、八角のように中国ではポピュラーでも日本ではあまり使われない香辛料もあり、国によって好みの味や香りにはかなり違いがあると言えそうだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)