台湾出身の作家李琴峰氏の作品が日本で芥川賞を受賞し、台湾メディアもこの件を報じている。日本と台湾文化を融合した作品を、日本語で生み出す李琴峰氏に注目が集まっている。台湾メディアの連合新聞網などが伝えた。

 1989年生まれの李琴峰氏は、15歳から日本語を学び、中国語で小説を書き始めた。台湾の大学を卒業した2013年に来日し、その後日本語で小説を書き始める。

 李琴峰氏・・・・

続きを読む