これまで、中国国内の商品には「あやしい日本語」があふれていた。商品名にやたら「の」を使ってみたり、まったくでたらめな漢字とかなの羅列が印刷されていたり・・・と、しばしば中国在住者や中国旅行帰りの日本人もネット上でその「怪しさ」を紹介してきた。しかし、「怪しい日本語」ブームはほどなく、過去のものになるかもしれない。

 中国のポータルサイト・網易に13日、「偽日系ブームはあとどれほどもつのか・・・・

続きを読む