中国のポータルサイト・百度に13日、国際五輪委員会(IOC)のバッハ会長が「最も大事なのは中国国民」と発言したことについて「日本の民衆が起こるのも無理はない」とする記事が掲載された。
 
 記事は、訪日中のバッハ会長が13日に東京五輪組織委員会を訪問し、東京五輪組織委員会のメンバーの前で「最も大事なのはチャイニーズ・ピープルだ」と発言、すぐさま「ジャパニーズ・ピープル」と言い直すハプニングがあったと紹介。バッハ会長は凍りついた現場の雰囲気をなんとか和ませるべく話の最後に日本語で「かんばりましょう」と語ったものの、日本のネット上では「日本の民衆に対するリスペクトがない」といった不満の声が噴出していると伝えた。
 
 その上で、IOC関係者による日本の民衆を蔑ろにするような言動は今回が初めてではないと指摘。新型コロナの感染拡大により日本国内で五輪の延期や中止が声高に叫ばれていた中で、IOCの高官はその声を無視するばかりか「冷淡な発言」によって日本人を傷つけてきたと説明。バッハ会長が以前「五輪開催のために一定の犠牲を払う必要がある」と発言すれば、コーツ副会長も「東京が緊急事態にあっても、五輪は絶対に開催する」と語り、さらにはディック・パウンド委員が「世界の終末がやってこない限り、五輪はやる」と発言し、それぞれ物議を醸したことを紹介している。
 
 記事は、日本人には「IOCが日本の市民の安全や医療体制へのリスクについてそもそも全く考えていない」ように映っていると指摘。なおも大きな感染拡大リスクを抱えながら五輪を開催しようとする中で、日本の関係者の門前で「中国への思い」を漏らせば、日本の民衆が憤慨するのは無理もないと評した。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)