日本では国際ニュースで中国に関する話題がよく取り上げられるが、それは韓国でも同様だ。同じ東アジアに属するため日中韓は互いを強く意識していると言えるだろう。しかし、その伝え方には違いがあると感じている中国人もいるようだ。中国のQ&Aサイト・知乎にこのほど、「中国についての話題になると、日本人の方が韓国人よりもずっと理性的な感じがするのはなぜか」と題するスレッドが立てられ、中国人ユーザーが議論を交わしている。

 スレ主の中国人ユーザーは、「日本人のほうが理性的に感じられる」としたが、これに賛同する意見は見られなかった。理性的かどうかという点では「日本も韓国も同じくらい」、またはどちらも反中だが「表現方法が違う」との指摘が目立った。比較的多かったのが、「韓国人は表立って悪く言うが、日本人はネット上でこっそり悪く言う」というもので、「日本人は中国人のことばかり悪く言っている」というコメントもあった。

 さらに多かったのが、「日本には意見が1種類しかない」というものだ。韓国人の対中国の意見は多種多様だが、日本人の意見は不思議なほど一致していて、どれも中国について悪く言うものばかりだとした。「人によって異なる意見がある中国とは違う」と主張している。意見が1つしかない理由として「日本人は流されやすい」、「中国に対するマイナスの情報ばかり流れているため」などの分析が寄せられた。

 また、ある中国人ユーザーは「理性について言えば日本も韓国も理性的ではないが、中国のネットユーザーたちも理性的ではない」と主張していた。それによると、中国人のなかでは、礼儀正しくてきれい好きな日本人は理性的というイメージがあり、日本製品や漫画・アニメにも好感を持っているので、韓国人から悪く言われると腹立たしいだけだが、日本人から悪く言われると「信じたくない」という気持ちが働くそうだ。

 このスレッドでは「日本は中国が嫌い」という前提で話が進んでいたが、それは好感度調査の結果や、ネット上の意見の影響を受けているのだろう。ネット上ではどうしても偏った意見が集まりがちで、対中感情の調査結果も、中国が嫌いという人が多い割には、日本人はそれほど中国人を意識しているわけでもないのが現状だ。やはりネット上の情報だけで本当の日本、または韓国を知ることはできないのではないだろうか。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)