中国には日本が好きな人も嫌いな人もいて、日本に対する見方は様々だが、「日本は恐ろしい国だ」という見方ではおおむね一致しているようだ。中国のQ&Aサイト・悟空問答はこのほど、「日本は恐ろしい国と表現する中国人が多い理由」について考察するスレッドが立てられ、中国人ネットユーザーが議論を交わしている。

 スレッドに寄せられた意見のうち、最も多かったのは「中国を侵略しようとしているから」というものだった。資源の乏しさから「最も近くて最も資源が豊富な中国を狙っている」と主張する中国人や、「侵略の過去を美化する、自分勝手な国」という意見もあった。日本では考えられない主張だが、歴史問題ゆえか、「日本はいつかまた侵略してくる」と本気で考えている中国人は少なくないようだ。

 しかし、なかには、「日本だけなら恐くない」という人もいた。「米国と結託しているから恐い」、「日米が一緒になると天下無敵」なので、日米関係を壊すしか方法はないとした。このように、米国を唯一のライバルと認め、警戒する中国人は多い。

 さらに、「精神面の侵略」を指摘する中国人も目立った。「日本で着物を着ていたのはほとんどが中国人旅行客だった」という話や、日本を称賛すると「偏見がない広い心の持ち主だと褒められる」ことなど、最近の傾向に警戒している声も多かった。

 このほか、日本人の国民性こそが「恐ろしい」という意見は多く、「一度決意したことを必ず実行する精神力」を評価する声や「中国人と違って、お金、情、理のどれも通じないので、日本人と関わると損をする」という人もいた。これはビジネスのやり方が違うということかもしれない。

 こうしたコメントからも分かるように、「日本は恐ろしい国だ」という言い回しには広範囲な意味があり、警戒するという意味でも、誉め言葉としても使われている。それだけ中国は日本を強く意識しているのだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)