米調査機関ピュー・リサーチセンターが実施した国際世論調査によると、中国に対して否定的な見方をしている国は先進諸国に多いことが分かった。なかでも日本は、中国に対して否定的な見方をしている人が88%と最も多かったという。

 一方、中国では近年、対日感情が改善しており、言論NPOなどによる第16回日中共同世論調査では、日本の印象を「良い」とする中国人は45.2%に上った。日本人と中国人の互いに・・・・

続きを読む