海外との交流が盛んになった現代では、他国の文化に触れる機会も多くなり、情報技術の発展で多くの情報を得られるようになった。しかし、それでも外国に対する誤解はいろいろあるようだ。中国のQ&Aサイト知乎にこのほど、「日本人は中国に対してどのような誤解をしているか」と問いかけるスレッドが立ち、中国のネットユーザーが議論を交わした。

 スレッドに寄せられた意見を見てみると、日本人は中国にさまざまな誤解をしているというコメントがあり、そのうちの1つとして挙げられていたのは「天津飯を本物の中国料理と考えていること」というものがあった。確かに天津飯は日本の中華料理に欠かせないメニューの1つだが、本場中国には存在しない日本生まれの中華料理だ。

 また、「中国人はみんな紹興酒が好き」という誤解もあるとの回答があった。日本では中華料理に紹興酒という組み合わせが多いので、中国人は紹興酒をよく飲むと思い込んでしまうのかもしれない。実際には、上海周辺の地域以外ではあまり飲まれておらず、中国人がよく飲むのは「白酒」というアルコール度数の高い蒸留酒だ。

 さらに、「中国女性といえばお団子ヘア」を挙げる人もいた。今の中国でお団子ヘアをしている人はほとんど見かけないが、日本のアニメでは中国人はお団子ヘアが定番になっており、こうしたアニメを見た中国人が、日本人は中国人女性を誤解していると思うのだろう。その意味では「中国人の伝統衣装はチャイナ​ドレス」と誤解している人も多いかもしれないが、チャイナ​ドレスは近代になって満州族の伝統衣装から発展した衣装だ。

 ほかにも、「中国は何でも爆発する」、「中国の食べ物は全部毒」と誤解している日本人もいるという意見があった。やや誇張した言い方ではあるが、爆発や食の安全に関するニュースが頻繁に出るのは確かだろう。こうしたマイナスイメージの誤解は、中国人からすると不満のようだが、中国人が日本について誤解していることもまた多くあるはずであり、この点ではお互いさまと言えそうだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)