中山泰秀防衛副大臣がある講演のなかで、中ロ連携による脅威が増していることを受け、「中国による台湾への圧力に対し、民主主義国家として台湾を守る必要がある」と発言し、これに中国は猛反発した。中国メディアの網易は1日、日本の政治家はなぜ「台湾を守る」と発言したのかと問いかけ、その理由を分析する記事を掲載した。

 記事は1つ目の理由として「日本は中台統一を望んでいない」と主張し、日本にとって台湾海峡はエネルギー輸送のシーレーンであるため、統一するとシーレーンの維持が危ぶまれると考えているからだとしている。しかし、「統一しても、中国はここを封鎖することはなく、一緒にビジネスをするだけなのに」と、日本の考えは杞憂だと主張した。

 別の理由は「米国に対する忠誠心を示すためだろう」との見方を示した。日本は戦後、ずっと米国に対する忠誠を示しており、そのおかげで米国から少なからぬ利益を享受してきたと指摘した。それで、台湾問題についても同様だとしている。

 さらに「日本は台湾海峡ですぐに戦争が起きるとは考えていない」ことも、関係していると分析した。これは、米国の関係者らも同様の見方を示しているためで、米国がそういうのだから、当面は大事には至らないと日本は考えており、これが中国を刺激するような発言になったのだろうと推測した。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)