日本のさまざまな業界における「接客態度」の良さは中国でも高く評価されているが、これは病院や薬局でも同じらしい。中国の動画サイト西瓜視頻はこのほど、日本の医者や薬剤師が患者にどのように接するかを紹介する動画を配信した。

 配信者は、日本在住の中国人女性で、近所の比較的小さな病院で定期検診を行った時の様子を撮影し紹介している。血液検査の後にその結果について医者から説明を聞いているが、前回と比べて血糖値が上がっていたため、医者からは生活習慣に変化がなかったかなどを尋ねられたそうだ。

 配信者は、新型コロナの影響で仕事に行っておらず、家にいることが多く炭酸飲料を飲むことが多くなったそうで、医者は話をよく聞いて生活習慣の改善の仕方を具体的に説明してくれたという。続いて処方箋をもって薬局で処方してもらう際にも、薬剤師が前回との違いなどについて質問し、やはり生活習慣を改善する具体的な方法を教えてくれたと配信者は紹介した。親身になってアドバイスをしてくれることに「感動した」そうだ。

 こうした対応は日本ではごく普通のことだが、中国人からすると非常に驚きのようだ。寄せられたコメントを見ると、中国の病院では「何時間も待たされるのに、医者と話すのは2分だけだ」というユーザーがいたが、これが中国のごく普通の状況だ。それで、日本の医者や薬剤師の対応の仕方について「これは中国もよく学ぶべきだ」との意見が多く寄せられた。

 中国では、大病院に患者が集まるため大病院は常に患者でいっぱいで、医者も非常に忙しく、日本のように落ち着いて患者と話をする余裕がないのが現状だ。日本のようにまずは小さな病院で受診し、問題があれば紹介状をもって大病院へ行く方法は、効率的で患者にとっても良いシステムだと言えそうだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)