台湾は親日で知られており、中国とは対照的と言えるが、なぜ台湾人は日本に親近感を抱いてくれるのだろうか。中国の動画サイト・西瓜視頻はこのほど、台湾のタクシードライバーが教えてくれた、「台湾人が日本を好きになった経緯」を紹介する動画を配信した。

 動画を配信しているのは中国人で、台湾でタクシーに乗りながら、「台湾人が日本を好きな理由」についてドライバーと会話している。タクシーを運転しているのは台湾人の男性で、「台湾人も昔は日本人に反抗していた」ことを熱弁している。男性によると、日本による統治が始まった直後は「抗日」運動が起きたが、状況は変化していったという。

 タクシードライバーは、日本は台湾統治を始めてからインフラ整備など台湾人に評価される事業を行い、法律の厳しい取り締まりにより治安を改善したと指摘。その一方で、教育により台湾人を無理やり「日本人」にするといった政策があったことには不快感を示しつつ、こうしたことの積み重ねで対日感情が変わっていったと主張しつつも、若い世代の台湾人の多くは「美化された日本しか知らないため、日本が大好きなのだ」と説明した。

 中国人と会話をしているためなのか、台湾人のタクシードライバーは親日寄りというより、どちらかというと中立的な立場で日本との関係や対日感情を論じている。中国では「台湾人は日本好き」というステレオタイプのイメージが付いているため、中国人配信者も、動画を見た中国人視聴者の多くも台湾人ドライバーの意見に「意外」という反応を示していた。

 他にも、台湾人が親日なのは日本のアニメ文化の影響だとして「ソフトパワーの力はすごい」と指摘する中国人ユーザーもいた。ソフトパワーの影響で、若者が親日になっているのは中国も同じだろう。台湾人だからといって、皆が親日なわけではなく、中国人だからと言って皆が反日なわけでもない。この台湾の「中立」的なドライバーは、考え方は人それぞれだということを教えてくれたようだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)