中国のポータルサイト・新浪に16日、「どうして中国製自動車エンジンは日本のエンジンを超えることができずにいるのか」とする記事が掲載された。
 
 記事は、エンジンが自動車の心臓部分に当たる重要なセクションであるとした上で、現在においてもなお多くの中国の自動車メーカーが日本やドイツからエンジンを仕入れて自動車を組み立てており、国産エンジンがなかなか日本の優れたエンジンを超越することができないでいると紹介。その理由を2つ挙げて解説している。
 
 まずは、中国がエンジン製造技術において立ち上がりが遅かったために技術的な基盤が弱いだけでなく、エンジンを鋳造する際に必要な高性能な合金の製造技術も劣っている点を挙げた。高性能な金属材料を作り出すことができないために、中国の国産エンジンの開発がなかなか進まないのだと伝えた。

 次に、多くの中国の自動車メーカーがエンジンの自主開発に多額の投資をしたがらないことを挙げている。技術の研究開発には長期的に大量の投資が必要であるうえ、大きな失敗のリスクを覚悟する必要もあるとした上で、短期的な利益にこだわる中国のメーカーは巨額の資金を注ぎ込んで自主開発するよりも、外国から高性能なエンジンを直接仕入れて搭載したほうがメリットが大きいと考えているのだとした。

 記事は、現代社会において科学技術は最も重要な発展の動力源であり、重要技術を自ら手に入れられなければ他人に頼る必要が生じ、大事な時に他人からの制約を受ける弱い立場に追いやられてしまうと指摘。「それゆえ、技術人材はどの国にとっても非常に重要なのだ」と評している。

 中国は近年、新エネルギー車、特に電気自動車へのシフトを積極的に進めている。将来的に淘汰される可能性が高いエンジンの技術開発に投資するよりも、外国から調達したほうが良いという考えも、中国の自動車メーカーにはありそうだ。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)