中国のポータルサイト・網易に13日、「日本の路線バスと中国のバスとの違いは、単に『人に優しい』だけではなかった」とする記事が掲載された。

 記事はまず、日本と中国の路線バスにおける構造的な違いについて紹介。中国のバスはプラスチックの薄い座席であるのに対して、日本のバスはクッションがきいたシートであり、車内の座席数は決して多くはないものの、それがゆえに窮屈になることもないと伝えた。 <・・・・

続きを読む