日本の学校で提供されている「給食」は単に昼食を提供しているだけではない。食を通じて様々なことを学ぶ場であり、中国の学校では学べないことが詰まった「1つの授業」でもあるがゆえに、多くの中国人は日本の学校の「給食」に感銘を受けるのだ。中国メディアの騰訊網は8日、「中国人がたった45分の学校給食に感銘を受ける理由」を伝える記事を掲載した。

 中国では一部で食堂が設置されている学校があるが、食堂・・・・

続きを読む