ラーメンのルーツは中国にあることは広く知られているが、日本のラーメンは中国のラーメンとはもはや別物であり、世界的に見れば「ラーメン=日本の食べ物」という認識の方が一般的だろう。中国メディアの百家号は1日、「中国のラーメンより、日本のラーメンのほうが有名な理由」を分析する記事を掲載した。

 中国に昔からあるラーメンは「拉面」と漢字表記され、直訳すると伸ばした麺となるように、伸ばしながら麺を作るのが特徴的で、あまりスープにこだわる料理ではない。一方、日本のラーメンは麺を伸ばして作るものではなく、スープにも徹底的に凝るのが日本のラーメンであるため、日本と中国のラーメンはもはや別の料理と言えるだろう。

 ではなぜ、海外ではラーメンというと日本の方が有名になったのだろう。日本のラーメンが「美味しい」からこそ、世界で評価されているのはいうまでもないことだが、記事は、日本のラーメンは「見た目が美しいため」ではないかと分析した。どの店でラーメンを注文しても、大抵は煮卵、メンマ、チャーシュー、ナルト、海苔、ネギなどが美しく盛り付けられていると指摘し、中国のラーメンは具の種類が少なく非常にシンプルなので、見た目がかなり違っていることを強調した。

 さらに日本のラーメンがこれだけ有名になったのは、「アニメ」の影響もあるという。日本のアニメには、登場人物がおいしそうなラーメンをほおばるシーンがよく出てくるほか、ラーメンを題材にしたアニメもある。外国人が、日本に行ったら自分もラーメン店に行ってみたいと思うのは自然なことだろう。

 味が良く、見た目も美しく、世界的に知名度の高い日本のラーメンが、世界中の人々に愛されているのは当然とも言えるだろう。とはいえ記事の中国人筆者は、「中国のラーメンが良くないというわけではない」とも付け加えている。もはや全く別の料理になっている日本と中国のラーメンには、また違った魅力があると言えるだろうが、中国の人たちにも、中国のラーメンとは別物と割り切って、日本のラーメンを試してほしいものだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)