日本は地下鉄を含め、鉄道網が非常に発達していて、都市間の移動がとても便利な国だと言えるだろう。中国メディアの資訊咖は29日、「日本の電車は中国と全然違っていて面白い」と紹介する記事を掲載した。

 日本と中国の電車が「全然違う」のも当然だ。日本は戦後、急速に鉄道網を拡張し、今では網の目のように鉄道網が張り巡らされているので、どこに行くのも便利になっている。記事は、アジアで最初に先進国になった日本は鉄道が非常に発達していて、中国などほかの国とは全然違うと伝えている。

 さらに中国と違うのは鉄道網の細かさだけではないと指摘し、日本では中国ではおなじみの「荷物検査」さえもないと紹介している。改札も開けっ放しだと伝えているが、これは日本の自動改札では乗客が通過した後、しばらく開いた状態だからだろう。中国では地下鉄に乗る時にも飛行機のような荷物のX線検査があるので、日本のシステムは新鮮に感じるようだ。

 また、一部の中国人は日本の公共交通機関の料金が「高い」としてびっくりするというが、記事は日本の交通費は全体的に高く、価格に見合うだけの「乗車体験」ができるので決して高くはないとした。日本の線路は通っている場所が良く、車窓から美しい景色を眺めながら移動できるので、多少高くても乗ってみる価値があるとしている。

 記事の中国人筆者にとっては、一番の違いは「荷物検査がない」ことのようだ。確かに煩雑な荷物検査は受けなくて済むのであれば、誰だって受けたくはないだろう。中国人筆者は「日本に行く機会があれば、ぜひ鉄道を利用してみて欲しい」と勧めているが、日本では、外国人旅行者向けに周遊パスを用意している鉄道会社もある。荷物検査がなく景色がきれいな日本の鉄道を、より多くの外国人に体験して欲しいものだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)