中国のポータルサイト・網易に24日、「真の愛国者は国民を窮地に立たせない」として、攘夷論者から日本の近代化の旗頭へと変革し、日本初の内閣総理大臣を務めた伊藤博文について紹介する記事が掲載された。

 記事は、伊藤博文について日本初の総理大臣で、日本の近代化に大きく貢献した人物であると紹介する一方で、信じられないことに若かりし頃は過激な愛国者、すなわち「憤青」だったのだと伝えた。 続きを読む