中国のポータルサイト・百度に23日、「どうして現在に至るまで、遼寧省の大連は日本と深いつながりを持っているのか」とする記事が掲載された。

 記事は、1905年に日露戦争が終わると、ロシアによる植民統治に代わって日本が以後40年間大連を植民地化したと紹介。その間日本人は現地に様々な足跡を残したとし、「大連という都市は日本人が建造した」と言っても過言ではないとの考えを示した。
<・・・・

続きを読む