中国のポータルサイト・捜狐に22日、「日本にはおもしろい仕事がこんなにたくさんある」とする記事を掲載した。

 最初に紹介したのは試験監督だ。通常、試験監督は学校の教員が担当するものだとした上で、日本の大学では人手不足を理由に学生を雇って試験監督してもらうことがしばしばあると紹介。入学試験でも各種資格試験でも試験監督の募集が行われ、1回の試験あたりの拘束時間は60〜70分と長いものの、1日・・・・

続きを読む