中国人はよく「差不多」という言葉を使う。これは「だいたい」という意味で、細かなことにこだわらない国民性をよく表している言葉と言えるだろう。一方、日本人とドイツ人は、何をするにしてもまったく手を抜かないという国民性で知られているが、中国人から見ると「日本人とドイツ人には違いもある」ようだ。中国メディアの快資訊はこのほど、日本人とドイツ人の「仕事に対する真面目さには違いがある」と分析する記事を掲載した。 <・・・・

続きを読む