「失われた20年」という言葉があるように、日本経済が長年低迷を続けていることは中国でももちろん知られており、中国では「1985年のプラザ合意が日本経済の大きな転換点だった」との論調が多く見られる。

 中国メディアの網易はこのほど、プラザ合意後の日本について分析する記事を掲載する一方、「日本はプラザ合意後に実力を隠すようになっただけで、実際には今なお大きな力を秘めている」としている。 ・・・・

続きを読む