アフターコロナでいち早く経済を立て直した中国だが、半導体チップの供給不足が響き、自動車や携帯電話などの生産に影響が出ているようだ。中国では、第5世代移動通信システム(5G)の普及やコロナ禍の影響で、スマートフォンやパソコンの需要が大幅に伸びているが、米国による半導体チップの供給停止も受けて厳しい状況だという。中国メディアの百家号は2日、「半導体チップの分野で遅れをとっている中国に対し、日本は圧倒的な存在感を・・・・

続きを読む