北京、広州、深センそして上海は、中国でも「一線都市(一級都市)」とも呼ばれ、中国国内でもまさに「別格の都市」とみなされている。特に、上海に進出する日本企業も多く、駐在員としてかなりの日本人が滞在している。しかし、その上海の日本人社会が変化してきているという。上海に滞在する日本人が減ってきているのだ。中国メディアの騰訊網がこのニュースを取り上げその理由について、独自の見解を述べている。

 ・・・・

続きを読む