旧満州の玄関口だった中国東北部の大連市には当時の建築物などが残っており、今でも活用されている。中国メディアの網易は29日、「大連の公園には聖徳太子堂が残っている」と紹介する記事を掲載した。

 記事が紹介しているのは、遼寧省大連市の中心部にある「中山公園」だ。大連を租借中に日本が発展させた公園で、聖徳太子を記念して「聖徳公園」と呼ばれ、公園内には「聖徳太子堂」が建てられたと伝えている。なか・・・・

続きを読む