中国メディア・中国僑網は18日、日本政府が福島第一原発の汚染処理水の太平洋放出を決定したことで、日本の「立国」産業がさらに打撃を受ける可能性があると報じた。

 記事は、日本で旅行会社を経営する在日中国人が「例年なら日本の桜の季節はみんな残業していた。しかし、今年は新型コロナでそれがなく、もう1年余り在宅ワークを続けている」とし、新型コロナによる観光業の大きな打撃を表現するとともに、日本政・・・・

続きを読む