中国のポータルサイト・新浪に17日、「食べ物を取り扱った日本のマンガ、こんなにたくさんあった」とする記事が掲載された。

 記事がまず最初に紹介したのは、中国でも「中華小当家」というタイトルで人気がある「中華一番」だ。1990年代に少年マンガ週刊誌に連載されたこの作品は四川省から物語が始まり、主人公が調理対決やさまざまな試練の中で料理人として成長して「特級厨師」となり、邪悪な「暗黒料理界」・・・・

続きを読む