在留外国人で最も多いのは中国人だが、最近では中国以外の外国人も増えてきた。その理由の1つには、中国の経済成長により日本で働く理由がなくなってきたことがあるだろう。2020年10月の時点で、外国人労働者数ではベトナム人が中国人を上回っていたが、それでも42万人近くの中国人が日本で働いていたという。

 経済発展を背景に中国の平均収入が上昇してきているなか、日本で働くことには何か理由があるのだ・・・・

続きを読む