中国のポータルサイト・百度に7日、日本の競泳において過去6度五輪で金メダルを獲得し、11回も世界記録を塗り替えた「とてつもなく強い種目がある」とする記事が掲載された。

 記事は、7日に行われた競泳日本選手権の男子200メートル平泳ぎ決勝で、20歳の大学生・佐藤翔馬選手が世界記録まであとわずかに迫るアジア新記録の2分6秒40で優勝し、同種目の東京五輪出場権を獲得したと紹介。日本の競泳界では・・・・

続きを読む