中国は世界第2位の経済大国であり、以前に比べるとはるかに豊かになったが、国民が受けられる医療サービスの質となると日本からかなり遅れているという。中国メディアの騰訊は5日、日本の病院のトイレを見て初めて「中国の病院に足りないものが見えた」と論じる記事を掲載した。

 この記事が指摘している「中国の病院に足りないもの」や「格差」とは、先端技術ではなく「患者が受けられる医療サービスの質」のことだ・・・・

続きを読む