中国人の日本に対する評価は、人によって千差万別だ。「日本はどういう国か」と聞いた場合、中国人から返ってくる答えは様々のはずだが、日本旅行から帰ってきた中国人の答えには「ある共通点」があるという。

 中国メディアの騰訊はこのほど、日本を旅行で訪れた経験のある中国人に対し、「日本はどのような国だったか」と問いかけた時に「返ってくる共通の答え」について紹介する記事を掲載した。

 記事によると、大抵の中国人は日本について「3つの点」を指摘するそうだ。まずは「きれいで清潔」なこと。日本では「日本人は各自が自分の周りを汚さず、汚しても掃除を自発的に行う」ので、まるで誰もが清掃員であるかのような日本は「驚くほどきれいで、清潔なのだ」と強調。しかも、その清潔さは「表面的なもの」にとどまらず、「内面や本質まで清潔」な印象を受けるという。

 2つ目は「日本人が友好的」であること。これは特に店員の接客態度から感じるようだ。記事は、客の態度が失礼でも日本人店員は話を最後までよく聞き、謝罪すると紹介。中国では抗日ドラマなどの影響で、日本人に否定的なイメージを抱いている人が少なからず存在するが、実際に訪日してみると日本人は「イメージと大きく違って、友好的」であることに驚くようだ。

 3つ目は「親切で便利」なこと。日本には、あらゆるところに利用者のことを考えた親切な設計が見られ、日本を居心地の良い国にしていると称賛している。

 以前は反日的だった中国人でも、日本を訪れると「一変する」というのはよく言われることだ。日本の良さを実感する人が増えれば増えるほど、中国における反日感情は減っていくのだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)