中国の自動車市場では日系車やドイツ車をはじめとする国外ブランドの人気が高く、大きなシェアを占めている。特に近年は自動車市場全体が減速するなかで日系車は販売台数を伸ばしており、その人気は加速していると言えるだろう。

 中国メディアの快資訊はこのほど、日系車のすばらしさは「渋滞時によく分かる」と強調、「日系車以外の車を購入した人は、渋滞に巻き込まれて初めて、日系車を買わなかったことを後悔するだろう」と伝えている。

 記事はまず、多くの中国人が「日系車はボディの鋼板が薄くてフレームが柔らかいが、米国車はボディが頑丈でフレームも重厚」という誤ったイメージを持っていると紹介。こうしたデマを信じ込んでしまっている人のなかには、日系車を敬遠して買わない消費者もいるようだ。

 続けて、米国などの自動車ブランドは「ボディが頑丈で、エンジンが力強く、車内空間も広い」傾向があると紹介する一方、「燃費性能では日系車に及ばない」と指摘し、日系車との差が顕著に出るのが「渋滞時」であると説明。中国の都市部では自動車が増えすぎた結果として深刻な渋滞が発生するようになったが、渋滞に巻き込まれるとノロノロ運転で頻繁に停止するので、燃費性能の差が顕著に表れるのだと論じた。

 中国の都市部は渋滞が激しいため、都市部で日常的に車に乗るならば日系車が確かに向いていると言えるだろう。そのためか、近年の中国自動車市場では日系車はシェアを伸ばしており、まさに絶好調と言える。日系車に対する理解が深まるにつれ、販売台数はさらに伸びていくことだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)