日本で広く親しまれている中華料理の1つに「麻婆豆腐」があるが、この料理は日本と中国で味が全く異なっている。日本の「麻婆豆腐」はあくまでも日本人向けにアレンジされていて、唐辛子と山椒をたっぷり使った中国の「麻婆豆腐」とはもはや別料理と言っても過言ではない。

 中国の動画サイト・西瓜視頻はこのほど、日本で暮らす中国人による動画として、日本の麻婆豆腐と本場の麻婆豆腐にどのような違いがあるかを紹介している。

 この中国人配信者は、本場・四川の伝統的な調理法で作られた麻婆豆腐と、日本人向けにアレンジされた麻婆豆腐の2種類を食べ比べている。この中国人は日本人向けにアレンジされた麻婆豆腐を食べたのは今回が初めてだったようだが、「想像していたよりも美味しい」と称賛し、またその見た目について「あんかけの量が多い」というのが日本人向け麻婆豆腐の特徴だと指摘した。確かに中国の麻婆豆腐は「あんかけ」のようなとろみはあまり感じられない場合が多い。

 続いて四川の伝統的な麻婆豆腐について「まず豆腐の美味しさが違う」と指摘し、凝固剤にグルコノデルタラクトンを使用せずに作られた豆腐が使われていると説明した。また日本人向け麻婆豆腐との「最大の違い」は、麻辣(マーラー)という独特の味付けの有無だと紹介。日本ではあまり多様されない「花椒」をたっぷり入れることによる「痺れる辛さ」を意味する「麻(マー)」と、唐辛子による辛さを意味する「辣(ラー)」がしっかりと効いていて、スパイシーで爽やかな風味こそ四川の伝統的な麻婆豆腐だと紹介した。

 この動画の中国人配信者は日本の麻婆豆腐は「想像していたよりも美味しい」としているが、日本の麻婆豆腐は「甘すぎる」と感じる中国人は多いようだ。花椒と唐辛子がたっぷり入った麻婆豆腐を食べ慣れている中国人からすれば、日本の麻婆豆腐は何か物足りないと思ってしまうらしい。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)