近年、中国では製造業などの分野で「首根っこを押さえられている」という表現をよく耳にするようになった。世界の工場だった中国は多種多様な製品を生産できるものの、その基礎となる部品や材料、基幹技術を持っていないケースが多く、これは「他国から制約を受ける可能性がある」ためだ。

 この点で中国は「日本にも首根っこを押さえられている」と感じるようだ。中国メディアの騰訊はこのほど、日本が材料や素材の分・・・・

続きを読む