中国のポータルサイト・百度に29日、日本でチョコレート菓子の「キットカット」が安定的な人気を誇っている理由について紹介する記事が掲載された。

 記事は、世界的に有名なチョコレート菓子である「キットカット」について、特に日本人の愛好ぶりは甚だしく、日本での発売開始からおよそ45年間で400余りのフレーバーの製品が開発されたと紹介。年間で8~9種類の新製品を出すペースであるとし「開発チームは寝る暇もなさそうなほどのハイペースぶりだ」と評している。

 また、北海道ではメロン味、九州では紫芋味など、各地方で限定のフレーバーを出していることも人気の秘密であると伝えた。

 その上で、日本の「キットカット」人気ついて、1973年の発売開始当初は決して販売状況が思わしくなかったと指摘。しかしその後、マーケティング関係者が「ある不思議な現象に気づいた」とし、入学試験のシーズンになると販売が増加する傾向が見られるようになったと紹介した。

 そして、「キットカット」の音が「きっと勝っとぉ」という九州地方の言葉に似ていることから現地の受験生の間で人気が高まり、この現象を商機と捉えた企業の販売戦略も功を奏して今や受験シーズンには多くの人が「キットカット」を購入して受験生を励ますようになったと説明。そのラッキーアイテムとしての地位は、神社の合格祈願お守りに次ぐほどにまで高まったとしている。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)