外国を訪れた際、現地の人びとの生活を垣間見るには、生鮮市場に行くのが良いとよく言われるが、中国人が日本の生鮮市場へ行くと中国との違いを感じるようだ。中国メディアの網易はこのほど、日本の生鮮市場について紹介する記事を掲載した。日本の生鮮市場は「生活感が感じられず、とても静か」だと評している。

 記事は、日本と中国の生鮮市場の違いについて、「日本では店ごとに独立した区画になっており、非常に清潔」であることを指摘した。中国の生鮮市場は店の区画が独立しておらず、どこまでがその店の売り物なのか境がよく分からないことさえある。また、どの生鮮市場もごみが散乱していて汚いというイメージだ。この点、日本の生鮮市場は非常に整然としていると言えるだろう。

 また、売られている食品が「きれいに包装されているかどうか」も日中の大きな違いだと紹介。中国の生鮮市場は野菜や肉、魚などがどれも包装されていないのが普通だ。また、日本では魚などをその場でさばいてくれるサービスもあると紹介。しかし、これは中国の生鮮市場でも引き受けてくれるところが多く、日本と違って生きたまま販売されているニワトリなどもその場で絞めてくれる。

 さらに「価格が明確に表示されていること」も異なっていると指摘。中国では価格が書いてあるところもあるが分かりにくく、たいていは直接値段を聞く必要がある。なお、地方では路上販売の場合、地元の方言で値段を聞いた時と標準語で値段を聞いた時とでは価格が異なるケースさえある。

 ほかにも、日本の生鮮市場は大声で客引きをする人がいないこと、店の人はとても礼儀正しくちょうど良い距離感があること、海鮮食品を販売していても生臭くないことなどを紹介。こうした違いは結局のところ、制度が整備されているというだけでなく、「日本人と中国人の意識の違い」と言えると結んだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)