中国の無人探査機「嫦娥5号」は、2020年12月に月からのサンプルリターンに成功した。一方、日本は同じ頃、「はやぶさ2」が小惑星リュウグウからのサンプルリターンを成功させている。なぜ日本は月ではなく、小惑星からのサンプル採取を選んだのだろうか。中国メディアの百家号はこのほど、その理由について分析する記事を掲載した。

 記事は、リュウグウは地球から3億キロも離れた小惑星であり、そこからサン・・・・

続きを読む