日本と中国では人びとの「住居」は大きく異なる。日本は賃貸でも戸建住宅に住むことは可能だが、中国は広大な国土を持つはずなのに農村部を除けば住居の選択肢は基本的に「集合住宅」しかないのが現状だ。中国の動画サイト・西瓜視頻はこのほど、日本に滞在したことがある中国人配信者の意見として、日本で一般的に見られる「戸建住宅」を羨む動画を配信した。

 中国の都市部に暮らす人びとは一般的に複数棟のマンションが集合した「小区」と呼ばれる居住区に住んでいる。アクセスが不便で発展から取り残された農村部を除けば、戸建住宅に住むには巨額の資金で「別墅」という住宅を購入するしか選択肢はない。

 中国は土地の個人所有が認められていないため、特に都市部に住む中国人のほとんどは戸建住宅に住みたくても集合住宅で暮らさざるを得ない。一方、動画の中国人配信者は日本では都市部であっても戸建住宅は数多く存在するとし、自身が日本滞在中に撮影した都市部の住宅街に立ち並ぶ戸建住宅のたたずまいを紹介している。

 動画に映し出されているのは日本人にとっては非常にありふれた住宅街だが、中国の都市部では戸建住宅が立ち並ぶ日本のような住宅街はまず見られないため、この中国人配信者は「日本は居住環境がとても良い」と感動と称賛の気持ちのこもった感想を伝えている。また、土地を個人所有でき、自分の好みのデザインの家に自由に住むことができる日本の制度が羨ましい気持ちもあるのだろう。

 この動画には、視聴した中国人ネットユーザーたちから数多くのコメントが寄せられている。特に目立ったのが「日本は人口密度が高くても戸建住宅に住むことができているのに、なぜ中国は日本より人口密度が低いのに集合住宅に住まざるを得ないのか」という疑問のコメントだった。

 現代中国では土地の所有権は認められていないため、家を建てるには借地権を買う必要があるが、経済成長や不動産バブルによって借地権も高騰しているため、都市部で個人が借地権を買って家を建てるのはまず不可能な状況となっている。中国人は伝統的に「家」にこだわる文化を持つだけに、土地を所有でき、戸建住宅に住める日本が羨ましいようだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)