中国では海外への投資熱が加速しており、中でも日本の不動産への投資に注目する中国人は多い。現在、こうした中国人による「土地の爆買い」を規制すべき、という論議も出ている。では、なぜこれほど日本の不動産に注目する中国人が多いのか。

 まず、日本の不動産には中国と違い「永久所有権」があるから。中国では、家を買っても70年程度の使用権が与えられるだけで、結局は返却しなければならない。さらに、政策の・・・・

続きを読む