日本は2019年、半導体材料の韓国への輸出について、輸出管理の制度運用の見直しを行った。これにより、半導体の重要な材料であるフッ化ポリイミド、レジスト、フッ化水素は個別輸出許可が必要となり、韓国の半導体産業は一時パニックに陥ったことは記憶に新しい。

 しかし、中国メディアの捜狐はこのほど、韓国は半導体産業で「日本に首根っこを掴まれていたことを明確に認識した」と指摘、この危機をチャンスに変・・・・

続きを読む