以前と比べると聞く機会が減った感のある「中国車のパクリ」問題だが、根絶されたわけでは決してない。中国メディアの百家号は16日、「中国車はまだ日本メーカーを模倣しているのか」と題する記事を掲載した。

 記事はまず、中国の自動車メーカー・上海汽車の大通ブランドが過去に、名称を「マクサス(MAXUS)」に変更した事例を紹介。これはレクサスと酷似していると中国国内でも話題となった。マクサスは中国・・・・

続きを読む