日本の医療レベルは非常に高く、コロナ禍の前は研修のために日本の病院に来る中国人医師も少なくなかった。中国メディアの快資訊はこのほど、日本の大学病院の救急診療科で研修したという中国人医師が、日本の現場で学んだことについて紹介する記事を掲載した。

 この中国人医師が最初に紹介したのは、作業現場で仕事中に部品が足に刺さってしまったという患者の例だ。傷が深くて大きく、異物を取り出した後の縫合処理・・・・

続きを読む