狂犬病は発症後の致死率が極めて高い恐ろしい病気だ。日本国内では2020年に14年ぶりとなる狂犬病発症者が確認されたが、中国では今でも毎年狂犬病による死者が出ている。中国メディアの騰訊はこのほど、日本と中国の狂犬病ワクチン接種の違いについて紹介する記事を掲載した。

 狂犬病ワクチン接種における最大の違いは、日本が犬への接種を重視しているのに対し、中国では人への接種が多いことだ。記事は、中国・・・・

続きを読む